導入事例

研究室で抱える課題はさまざまです。課題のヒアリングからご利用効果まで詳細をご覧ください

京都大学さま

京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻
ヒューマンシステム論研究室 加納 学 教授、藤原 幸一 助教
http://human.sys.i.kyoto-u.ac.jp

「ヒューマンシステム論分野」にて、ヒトの認識や行動のメカニズムを理解し、ヒトを中心に据えたシステム設計論を構築する基礎的な研究を行うと共に、その成果で社会に貢献するため、半導体・製薬・鉄鋼・化学・自動車などさまざまな産業での応用研究も実施しています。

また、てんかん発作の兆候を検知し、発作が起こる前に通知する技術や、ストレスをリアルタイムに定量的に計測する技術などの開発にも取り組んでいます。

課題

研究室でHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を保有し、数値計算言語であるMATLAB®などによる大規模処理を実施していましたが、以下の課題がありました。

  • 高価なHPCリソースを有効活用できていなかった
    ⇒研究での大規模処理は卒論シーズンや学会前など繁忙期に実施されることが多く、高価なHPCがフルシーズン使われない状況がありました
  • HPCの陳腐化
    ⇒利用頻度は低い状況でしたが、研究のため数年ごとに最新スペックのHPCに買い替えをしていました
  • クラウドへのセキュリティーの不安
    ⇒クラウドのメリットや利用には興味は持っていましたが、セキュリティーに対し漠然とした不安がありました
  • 研究以外の手間と時間のロス
    ⇒学内停電やサーバーの環境変更・障害対応・バックアップなどのサーバー管理に必要な手間と時間、また大学としても電気代などのコストもかかっていました
AWS環境

ご利用AWSサービス:Amzon EC2(HPC)

サーバースペック:CPU Core:36, Memory:60GiB(c4.8xlarge )※ その他用途に応じて必要なサーバースペックタイプを利用

ご利用ソフトウェア:MATLAB®


効果
  • HPCのリソースを柔軟にコントロールし、無駄なく有効に活用
    ⇒繁忙期に高スペックの「Amazon EC2(HPC)」リソースを必要な分だけ十二分に使用し、閑散期にはHPCを停止しました。これにより、コストを抑え、年間を通して低コストかつ効率の良い研究を実施できました
  • 今後サーバーの買い替えは不要。常に最新のサーバーが利用可能に
    ⇒数年ごとに行っていたサーバーの買い替えが不要となり、AWSが毎年リリースする最新サーバーをすぐに手間なく利用することが可能になりました
  • サーバーの購入と比較して「62%」のコスト削減
    ⇒10年間の初期投資・ランニングコストを合わせた総費用は、オンプレミスと比べると「約 62%」 削減することができる見込みです
  • キャンパスからのみアクセス可とすることでクラウドをセキュアに利用
    ⇒研究室専用に用意されたAWS仮想プライベート環境を利用し、キャンパスからのみのアクセスを許可することで、セキュアなクラウド活用を実現しました
  • 本来の研究時間を取り戻すことが可能に
    ⇒サーバーの保有をやめたことで、サーバー管理の手間がなくなりました。これにより、以前に比べさらに「100Hr/年」以上の時間を研究に使うことができるようになりました

お客さまの声

HPCリソースおよび利用料を柔軟にコントロールできることで、最新スペックのHPCを低コストかつ研究室の状況に応じて容易に調達・利用できることに価値を感じています。AWSでは新しいHPCインスタンスが毎年出てくるので買い替えを行う必要がないことについても評価しています。

また、研究環境の前提となる商用ソフトウェアがAWS上でも問題なく動作すること、学内停電の対応などにかかる管理の手間が軽減できたこと、そして研究室の電気や冷却設備を使用せずにエコにHPCを使用できることについてもAWSに切り替えて良かったと満足しています。

大阪大学さま

大阪大学 産業科学研究所 第1研究部門(情報・量子科学系) 知能推論研究分野 鷲尾 隆 教授
http://www.ar.sanken.osaka-u.ac.jp

大阪大学 産業科学研究所 鷲尾研究室では、サーバーリソース・スペックが足りないため、研究員の研究に支障をきたしていました。そのため、早急にハイスペックサーバーの導入を検討しましたが、調達、搬入、構築までの手間と時間を要するため問題となっていました。また、学内停電や障害対応などの設置場所や管理コストによる課題もありました。

課題

大規模研究プロジェクトにおけるHPCリソースが不足。早急な対応が必要な状況に

  • HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を新たに購入するには時間がかかり間に合わない
    ⇒購入も検討しましたが、導入までには見積り、調達、搬入、構築と1ヶ月以上かかってしまうため、研究の進捗に大きな影響がでる状況でした
  • コストは抑え、HPCを常時使える環境にしたい
    ⇒研究プロジェクトでは研究員がいつHPCを利用するかスケジュールが固定されているわけではなかったので、常にHPCを利用できるクラウド環境を望んでました。 さらにコストは抑えながら利用をしたいと考えていました
  • クラウド利用への不安
    ⇒クラウドを利用することへは前向きでしたが、利用にあたっての契約、学内手続き、環境構築、利用方法など不安要素が多く存在していました
  • 研究以外のサーバー管理から解放されたい
    ⇒HPCを購入・保有することでの、学内停電やサーバーの環境変更・障害対応・バックアップなどサーバー管理の手間を無くしたいと以前から考えていました
AWS環境

ご利用AWSサービス:Amzon EC2(HPC)

サーバースペック:CPU Core:32, Memory:60GiB

ご利用ソフトウェア:MATLAB®


効果
  • わずか1週間でHPCリソースを利用開始
    ⇒クラウドの採用により、MATLAB®の構築を含めてわずか1週間でHPCリソースを利用できるようになりました。これにより研究を止めることなく進めることが可能となりました
  • 常にHPCを利用できる環境が構築でき、「25%」のコスト削減も実現
    ⇒コストを抑えて常にHPCが利用できるように、AWSのサーバー買い切り(リザーブド)の最適な料金プランを選択。これにより通常の利用料金プランよりも「25%」料金を抑え、常にHPCを利用できる環境を整備することが可能でした
  • クラウド利用の不安、サーバー管理からの手間を解消
    ⇒クラウド利用での契約・手続き、サーバー利用開始までの環境構築、その後の管理など不安要素は多くありましたが、「cimple lab.」に全て任せたことで解消され、導入はもちろんのこと、その後の運用管理に至るまで手間なく効率よくクラウドの利用が可能となりました
お客さまの声

通常のサーバー調達にかかる時間を大幅に削減でき、HPCの導入が早急にできたことにより、研究プロジェクトへの影響を最小限に抑えることができました。本プロジェクトの研究環境の前提となる商用ソフトウェアMATLAB®がAWS上でも問題なく動作することも評価しています。

また、AWSを導入したことで学内停電などのサーバー対応にかかる管理の手間が軽減できました。また、AWSの全ての運用を「cimple lab.」にお願いすることで研究環境を一切気にすることなく、研究プロジェクトに多くの時間を費やすことができるようになったことにも大変満足しています。

AWS(Amazon Web Services)とは?
  • 世界で利用率ナンバー1のクラウドサービス
  • 高いセキュリティレベルを要求される金融や医療等の分野でも多く導入
  • GPUサーバーが利用可能
  • 利用したいときにいつでも必要なサーバーを追加
  • 必要だったサーバー管理の手間がゼロ
  • 調達維持費のムダを削減
  • ファイル耐久性は99.999999999%(※1)、大切な研究データも安心して保存可能


cimpale lab.は、
研究室にぴったりなAWS環境を提案し、導入します。

閉じる